ネット予約

当店は、予約のお客様を優先とさせて頂きます。

 ネットでのご予約は、前日までの御予約となります。

 当日のご予約はお気軽にお電話で☆彡

 リフレクソロジーは足の筋肉をほぐしながら内臓の働きを活発にし、ホルモンバランスを調え、自律神経のバランスを正常にもっていく力があります。

 台湾式リフレクソロジーの若石(じゃくせき)健康法は、整体などと違い簡単にセルフケアを覚えることができます。

 こちらで一部分をご紹介します。セルフケアはやりすぎず、毎日少しずつ行うようにしてください。くれぐれもアザが出来るほどはやらないでくださいね。

①足のむくみをすっきりさせよう

 

   土踏まずの真ん中には腎臓にあたる部分があります。腎臓は尿を作る排泄器官です。むくみが気なる人や疲れがなかなか抜けない人はここがプックリ膨らんでいます。そうするとレッスンで立っているときも床に土踏まずがついてしまい正しい立ち姿勢がとりにくくなります。

  (リフレクソロジーでは、臓器や器官に対応しているツボのようなところを

   反射区と呼んでいます。)

腎臓の反射区のもみ方

 

 足裏の人差し指と中指の骨を上から下へ触れていくと、がくっと骨の感触が無い部分に当たります。そこに500円玉を置いたぐらいの大きさの場所です。その部分を自分の親指で上から下へ川の字を書くように押していきます。

②首をほぐしましょう

 

 すっきりと長く伸びた首筋をしていると背がすらりと見えてきれいです。首の筋肉をほぐしてリラックスして動かせるようにしていきましょう。

 

首の反射区のもみ方

 

 親指の付け根が首に対応しています。親指の付け根を指でしっかりつかみながら揉んでいきます。もみにくい時は、親指をぐるぐると大きく回してください。

背中を柔らかくしましょう

 背中が硬くなると呼吸が浅くなり体が自由に動きません。自分で直接背中をもみほぐすことは出来ませんが、足にある反射区ならほぐすことができます。

背中の反射区のもみ方

 

 足の内側、側面にある骨(中足骨)のきわが背骨に通じる部分です。親指のつけねの下からかかと側まで骨の下に指を入れて押していきます。

股関節の動きをスムーズにしましょう


 股関節のストレッチをする前に反射区を押すと楽に動かしやすくなります。


股関節の反射区のもみ方

 

 足の内側にあるくるぶしが内またの方、外側のくるぶしがお尻の外側にあたります。写真のように指を当てて足首を回すようにしてください。

膝の疲れをとりましょう

 普段、座ったままの仕事をしていて膝が動いてない人やレッスンで疲れた膝などのために血行を良くして、動きをスムーズにします。

膝の反射区は、かかとの骨と足の外側の真ん中にある出っ張りの間の柔らかい部分。

親指でつまんで揉んでください。

⑥指の感覚をするどくする

しっかりと5本の指が床についているか、感覚をするどくするために

一本ずつ上から下へごしごしともんでください。

プラスして写真のように指と指の間を広げるように、間をもむのもおすすめです。

所在地

〒168-0082

東京都杉並区久我山2-13-5

グレイスビル2階

ご予約について

当店は、予約のお客様を優先とさせて頂きます。ご予約はお電話での受付のみとなっております。ご予約は、下記まで!

03(5941)5878

編 集